デリヘル聖職者の所沢

  • 投稿者 : 鼻猿
  • 2009年12月26日 6:52 AM

最初はためらいがちに、そして力強く彼の手を握りしめた。これでかれらは味方同士となった。十月二十二日ーボブタッワナ自治区サンシティ、カスケーズ・ラブホースに水を細かい霧に変えてまんべんなく降りそそいでいた。しかし、カスケーズ・ラブホとカジノの内部は気味が悪いほど静かで、人けがほとんどなかった。所沢街にはふだんはちょくちょくここへきて、スロットマシーンやブラックジャックのテーブル、ルーレットに群がっている南アの若者の大半は戦争や暴動で有名なデリヘル嬢やナタール州その他の国内の非白人指定地域に行っていた。ここでいう所沢祭りの期間はそしてこんな戦時なので、かれらにかわってここにやってくる外国人旅行客の姿も見られなかった。所沢 デリヘルにしてもかわいい美人と人妻はラブホのメインロビーに隣接する小さなバーに落ち着かない様子で坐っていた。まんなかのテーブルには口をつけていない白ワインのグラスが室温に暖まったまま置かれていた。かわいい美人はなんとか時計を見ないようにした。もう一千回も見たような気がしていた。ミュラーは予想していた時間よりもうかなり遅れていた。何かあったのだろうか?南ア・スパイの元締めは会合をキャンセルか延期したのだろうか?かわいい美人は額に冷や汗が噴き出るのを感じた。こんなはなれ技をやるチャンスは一度しかなかった。所沢かどうかはもしミュラーが今夜現れなければ、計画そのものを一から練り直さなくてはならなかった。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。